男性の不妊とサプリ | 妊娠・妊活ブログ

避けるべきはサプリメント依存!! 妊活男子は要注意

新しい投稿 | 投稿数 : 2/3 | 古い投稿

避けるべきはサプリメント依存!! 妊活男子は要注意

[更新: 2019年04月19日 / カテゴリ: 男性の不妊とサプリ]
▲食事には興味がないから~としていてよいのでしょうか。

サプリメントは利用する目的を明確に!

▲日々の些細な歪みは大きくなってカラダに戻ってきます
 男性の皆さま、毎日の生活の中で、栄養について興味をお持ちですはか?全く意識されていない、でしょうか。不妊治療中は特に摂取栄養素について意識していきたいもの。そしてその意識は今後のカラダづくりにおいても必要な事です。食事とサプリメントを上手に組み合わせて、内から煌めくカラダを手にしていきませんか。

食生活を見つめる

▲食事を楽しんでいますか。
 食事から得る栄養素に、効果を見いだせない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし考えてみてください。唐辛子や生姜を食べたら汗をかくほど暑くなり、牛乳を飲んだらお腹がゴロゴロする、栄養ドリンクを飲んだらその後の尿は匂いがする、など思っている以上にすぐに効果が出ているのです。それほど私たちのカラダは実に巧妙につくられており、パッパッと口にした食材のその栄養素が瞬時にカラダを駆け抜けていると言うことがよく分かります。
 ですから、日々積み重ねていった栄養が、ゆくゆくは人生を左右することになると考えても何らおかしくありません。生活習慣病とされ、早い方は40代から食事内容を改めることになり、病院に通い薬を飲ん好きなものを我慢するのか、「健康オタク」と言われても食材の産地や調理方法にこだわり、自身のカラダのサインを先読みして注意し、病院に通う時間を趣味に費やすのか、恐らく2つに1つしか答えはなく、その選択もまた、人生なのかもしれません。今日のランチ、時間はどのくらいとりましたか?

避けるべきはサプリメント依存

 さて、サプリメントは継続的に利用していると、いつしかサプリメントに依存してしまって、実は基本の食生活が乱れてしまっていることがほとんどです。食事内容は乱れているけれど、1日をサプリメントで仕上げて栄養バランスはバッチリ!と安心してしまうと、利用されているサプリメントによっては、肝機能を傷害してしまうことがあります。そのサプリメント、原材料の確認をしていますか?
 天然の素材から作られているサプリメントであれば、解毒作用をいう重要な役割をもつ肝臓への負担は少なくてすみますが、化学合成品を多く使用しているものである場合は、解毒作用しなければならない物質が多くなるため、肝臓自体を運用するためのビタミンやミネラルの不足が著しく起こり、悲鳴をあげてしまいます。サプリメントはあくまで栄養補助剤。咀嚼して得る栄養素が重要であることを忘れないようにしてください。
 そこで、食事を一度振り返ってみませんか?意外と食事内容の偏りや食事の癖などがしっかりと見えてきて、食事にたいして興味が持てるかもしれません。思い出すというと少し面倒臭くなってしまうので、簡単な方法としては、毎食、写真を撮ってみることもよいと思います。そして目に見える状態にしてみると、その実態がよく分かってきます。写真ですと、撮影時間もわかるので、食事時間を確認することにも役立ちます。撮影は経過をみるにはとてもよい食事記録方法です。3日ほど続けてみると、食生活が見え始めまのでトライしてみてはいかがでしょうか。(写真の腕もあがります!!)

変化するには自分との闘いが必要

▲どのくらいの時間をかけて食べていますか?
 改めて自分の食事をみてみると、意外と暴飲暴食に近いような栄養バランスの乱れた状態を毎日繰り返してしまっているかもしれません。パートナーに写真の説明してみてください。すると、「ああこの日はカラダを気にしてランチをサラダにした!でも夜は飲み会だった」「朝は食欲がないからコーヒーのみ。1食抜いているからお昼は揚げ物の定食をしっかり食べた」など、若干の言い訳も交わり、このことで食生活に対しての意識が引き締まってきます。特に男性は思いや考えと行動がバラバラなことが多い傾向があります。しかしそのような中でも、女性よりしっかりしていることがあります。それは、食事時間が程ほぼ一定しているということです。食事時間は血糖値の上下に関連し、場合により糖尿病を招きます。生活習慣病予防としても食事時間を一定にすることはとても必要なことですので、食事時間を一定にすることは是非続けていただきたいです。

食事時間が調ったら、

▲めかぶ。春からが旬で、ミネラルもたっぷり。
 食事内容もみてみましょう。写真に撮ると、「映える」「映えない」がよく分かります。これを上手に使います。栄養バランスの良い食事は、彩りが豊かです。つまり、「映える」食事であれば栄養バランスも調い、色合いもよいことで気持ちにも余裕が生まれます。とっても簡単ですよね!!毎食彩りを気にすることは少々ハードルが高いので、ご自身の中で「夕食は余りよくないな」「お昼がどうにもならないな」という習慣があれば、その食事こそ意識してみてください。これにより随分と体調が変化することと思います。不妊治療中は、食すとカラダに生命エネルギーの源となる「黒」「茶」の色の食品(*焦げではありません。)が有効とされます。海藻類、胡麻やナッツなどの種実類、貝類や血合いの多い魚等が加わるとなおよし!ですね。

不妊治療中は必要な栄養素をしっかり摂る

▲パパになりたい!のお試しセット、キャンペーン中です!ご利用ください
 実は男性に多くみられる貧血。レバーや血合いの多い魚などよく口にしているから大丈夫と思われていますが、意外とカラダの中に入っていないということがあるようです。鉄分は良質なたんぱく質とビタミンCが一緒になって初めて吸収が安定します。ビタミンCは、果物や生野菜など男性の好まないような食材に多いために貧血傾向を招いているようです。
 そんな時こそサプリメントを食事に合わせて利用しましょう。プレママプラス「トータルサポート」は鉄分やビタミンCがしっかりと含まれていますので、取りこんだ栄養素をしっかりキャッチ。食事で摂ったたんぱく質をベースに効率良く栄養素を揃えて摂ることが可能になります。ぜひご利用ください。
新しい投稿 | 投稿数 : 2/3 | 古い投稿