注目の妊活栄養素 | 妊娠・妊活ブログ

不妊治療効果と痩身効果

新しい投稿 | 投稿数 : 1/5 | 古い投稿

不妊治療効果と痩身効果

[更新: 2019年10月28日 / カテゴリ: 注目の妊活栄養素]
▲恐る恐る片足ずつゆっくり足をのせたりしませんか?(笑)

ミトコンドリアとは

▲教科書ではひょうたんのような形をしている細胞内小器官。本当は紐のような形をしています
呼吸をするにも、筋肉を動かすにも、神経を機能させるにも、ミトコンドリアが関わっています。生命活動に必要なエネルギーは全てミトコンドリアで産生されています。その量は、体重以上。ですからこのミトコンドリアが元気に動いていないとカラダの全ての機能に支障があらわれ、使いきれていない量は、お腹周りの「脂肪」として蓄積されてしまいます。「疲れ」というサインが見えたら、ミトコンドリアのケアが必要です。

ミトコンドリアの力

▲必要なお薬を飲むだけでも、生体へのストレスは発生しています
 ミトコンドリアは、カラダを動かすエネルギーを生み出す産生工場といわれており、細胞内の少ないところで300個程度、多いところで数千個も存在しています。中でも卵子にはなんと10万個以上ものミトコンドリアが存在すると言われています。細胞だけの力で10か月かけて3kgの赤ちゃんを育てるのですから、たくさんのエネルギーを作り出すミトコンドリアは必要十分量ないといけませんね。
 また、卵子に出会うべく進んでくる精子の原動力もまた、ミトコンドリアの力にかかっています。更に卵子と精子がであって受精卵になり、細胞分裂を繰り返すにも膨大なエネルギーが必要ですから、葉酸のように妊娠を考え始めた頃から、ミトコンドリアのケアは意識を持って向かい合う極めて重要になります。ちなみにミトコンドリアをうまく活かすために葉酸が関与しています。あまり知られてはいませんが、やはり、葉酸とミトコンドリアのケアは一緒ん始めた方が良いようですね。ミトコンドリアの活性は、30分/日のウォーキングでもUPするそうです。
 お肌の曲がり角は25歳ごろとよくいわれていますが、ミトコンドリアにも曲がり角があり、40歳ごろと言われています。ですから、ミトコンドリアの活性は日々意識してあげていく必要があります。さらに、ミトコンドリアは活性酸素からのダメージを受けやすいという弱点があるので、ストレスの多くなる年代に加え、ミトコンドリアはストレスに弱いので、抗酸化作用のある食品をしっかり摂り、活性酸素からのダメージを跳ね返す力も養う必要があります。

代謝を上げる

▲組み合わせで効果に差が出ます 痩身効果も期待できる⁈
 ミトコンドリアはそのもの自体で活性が高まるわけではありません。活性化させる、つまり代謝を上げるには代謝を助ける働きをする酵素や栄養素が必要となります。例えば「コエンザイムQ10」「ビタミンB群」「αリポ酸」「鉄」「L-カルニチン」「タウリン」など。
 不妊治療中にミトコンドリア活性を高める、つまり代謝を上げることは、冷えを解消するだけでなく、カラダの働きに活力を与え、安定を保ってくれます。ココロのも静まり、イライラっとするような場面に出くわすことも少なくなるかもしれません。
 このように、代謝が高まることで、もちろんカラダもすっきりするのですが、気持ちもココロも穏やかになるのであれば、心身ともに「健康美」を手に入れることができそうですね。

 先にご紹介しましたが、ミトコンドリアを活性化させる栄養をみていたら、プレママプラス トータルサポートとママになりたい!の配合の合わせ技に、改めて魅力を感じました。手前味噌にはなりますが、コエンザイムQ10、αリポ酸、ビタミンB群、鉄、十分量が含まれており、卵子や精子に活力を与えるべく、まさに妊活に適した栄養素が豊富な商品です。継続して利用することで、カラダに変化をしっかりと感じさせてくれるサプリメント、ぜひご利用ください。
▲まずはお試しセットから(税込980円、送料なし)
新しい投稿 | 投稿数 : 1/5 | 古い投稿

カテゴリ

最新記事