プレママプラスとは? サプリの品質を見分ける

注意すべきは成分表示

妊娠前後の大切な時期に、安心して摂取できる安全な栄養素を補給したい時に、そのサプリメントか高い品質で製造されているかどうかを知りたい場合、どのように見分ければ良いのでしょうか?ここで、具体的なポイントについて説明します。

栄養成分表示 〜 基本的なルールは守られていますか?

まずは、パッケージまたは広告に「エネルギー」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」「ナトリウム」の5種の栄養成分表示がきちんと記載されている事をご確認下さい。 これはサプリメントの場合は表示義務のある基本的な情報ですが、消費者庁が平成24年に行ったアンケート調査では、この表示を行っている商品は3割以下である事が発表されています。 この基本的な義務のある表記がされているかどうかが、まずその商品が信頼できるものかを判断する1つのポイントとなります。

成分の含有量 〜 その成分、本当にたくさん入っていますか?

次に、原材料表示は、重量の多いものの順番に記載するルールになっています。 上位に添加物が多く並んでいるものは、有効成分よりも添加物が多く含まれているということ、つまり肝心の栄養素が少ない可能性があるという事です。 また広告表示上、特定の成分が配合されている事がアピールされている場合が多いと思いますが、原材料表示の上位にその肝心の成分が記載されていない場合も注意が必要です。

原材料表示 〜 一見同じ成分でも大きな違いが!

成分の名称だけで安易に商品を選択しないように注意する必要もあります。 たとえば、サプリメントのラベル面を見た時に、同じビタミンB1でも、原材料表示に「ビタミンB1」と記載されている商品と「ビタミンB1含有酵母」と記載されている商品があります。 あまり知られていませんが、実は前者は「合成された」ビタミンB1であるという意味です。後者は「酵母由来・天然由来」のビタミンB1です。 一般的には後者が食品に近い形であり、カラダへの吸収率が圧倒的に高くなります。
もちろん「合成素材は必ず危険」という事ではなく、「安全な材料」を「安全な環境」で「正しい加工方法」で製造していれば心配はありません。 中には海外の粗悪な環境でトレーサビリティーの無い安価な原料を使用して製造されている場合もあるため、合成素材を使用している場合は、きちんとした説明がされているかどうかがポイントとなり、説明のないものは避けるのが無難です。

プレママプラスは?

プレママプラスは、栄養成分表示・原材料表示ともにルールに沿って適切に記載しています。 また、合成成分は極力避けて、カラダに吸収されやすい天然由来の成分を中心に、添加物を極力抑えて構成されています。 カプセルでさえも、すべてのサプリメント商品で高価な植物性のHPMCを採用しています。

ぜひ、ご検討中の他のサプリメントとじっくり比較してみて下さい。プレママプラスの品質の高さをご理解頂けると思います。 サプリメントは、大切な時期に大切なカラダに取り入れるもの。ぜひ、成分の品質にはとことん突き詰めて比較して、ご自身にあったサプリメントをお選び下さい。

ご不明な点等ございましたら、遠慮なく お問い合わせ 下さい。





ページ最上部へ
Share on Myspace このエントリーをはてなブックマークに追加